×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




○氷上格


親友ED

 浜辺にて

 氷上「○○君。

 ○○「あ、氷上くん……

 氷上「どうして、そんな顔してるんだ。
     まさか……

 ○○「うん、ダメだったみたい……
     せっかく応援してくれたのに、ゴメンね。

 氷上「チクショー……
     そんな話があるもんか!
     僕が説得して来る。

 ○○「いいよ!
     そんなことしないで!

 氷上「だって、君はあんなに……
     このままじゃ、納得出来ないよ。

 ○○「ホントに、もう、いいの。

 氷上「でも……だって……
     じゃあ、僕は……どうしてあげればいい。

 ○○「大丈夫。
     気持ちだけで嬉しいよ。

 氷上「すまない……力になるって約束したのに。
     僕は、無力だな。

 ○○「氷上くん……

 氷上「そうだ、レポートを書くよ!
     君の良いところについて。
     それなら何枚だって書ける。

 ○○「う、うん。

 氷上「そして、君がどんなにすばらしい人かを証明する。
     だからそんな顔しちゃダメだ。
     わかったかい?

 ○○「……うん、ありがとう。

 主人公のことを思い、感情を露にする彼が意外でした。でも、そこにキュン!(笑)




デート後の鉢合わせ(相手は佐伯です)

 自宅前にて

 ○○「ありがとう。
     家まで送ってくれて。

 佐伯「ああ、通り道だし――ん?

 ○○「氷上くん……?

 氷上「……失敬、邪魔したね。

 佐伯「へぇ……

 ○○「あの、えっと……。

 佐伯「モテモテだな。

 ○○「もう!
     そんなんじゃないよ!

 佐伯「ジョーダンだ。
     じゃあな。

 ○○(氷上くん……)

 自室にて

 ○○(あっ、氷上くんからだ!)

 氷上「……さっきはすまない。
     でも誤解したくないんだ。
     少し話が出来ないか?

 ○○「う、うん……。
     ちゃんと、話しておきたいことが、あって……今から出てこれるかな。

 浜辺にて

 ○○「氷上くん。
     あのね、氷上くんには、友達でいて欲しくて……。

 氷上「!!
     そうか……うん。
     僕はこれから、君の相談相手になろう。

 ○○「えっ?

 氷上「君は彼に恋している。
     そうだね?

 ○○「…………

 氷上「何か君の役に立ちたいんだ
     そうさせて欲しい。

 ○○「ありがとう……。

 氷上「礼を言うのは早いよ。
     僕にはその……恋愛経験がないから。
     役に立つかは疑問だ。
     それでも、君を応援する。
     僕は応援する。

 ○○「……うん。がんばるよ。
     ありがとう……。

 氷上「よし!
     じゃあ、早速資料を集めてみるよ!
     がんばろう!

 ○○「あ、氷上くん!
     行っちゃった……。





学校行事

○クリスマスパーティー

 ○○「あ、氷上くん。
     メリークリスマス!

 氷上「メリークリスマス。
     いや、そんなことよりも……
     こういう場は大事なんだ。
     いつもと違う君を彼にアピールしなければ。
     健闘を祈る!

 ○○「は、はい!



○バレンタイン(3種類)

 ○○「氷上くん!

 氷上「○○君。
     僕に用でも?

 ○○「今日はバレンタインデーだよ!
     はい、チョコレート。

 >手作りチョコ
 氷上「こ、これは手作りだろう?
     すごいじゃないか!
     おすそ分けにあずかるよ。


 >高級チョコ
 氷上「ありがとう。
     なるほど、綺麗な包み紙だ……これなら誰でも喜ぶさ!


 >義理チョコ
 氷上「校内への菓子の持ち込みは禁止なんだけど……。
     今日は特別だ。
     健闘を祈る。



○ホワイトデー


 氷上「○○君。
     これは先月のお返しだ。

 ○○「ありがとう、氷上くん。

 氷上「いいんだ。
     それよりも、ちゃんと、彼からも回収しなければ。いいね?





修学旅行

 ロビー前にて

 氷上「○○君。
     何をしているんだい。
     とうにみんな……

 ○○「氷上くん。
     いろいろ考えてたら……氷上くんは?

 氷上「ああ、僕のスケジュールは強行軍だから、独りで回ろうと……一緒に、回るかい?

 ○○「うん!

 氷上「よし、そうしよう。
     しっかり付いてきたまえ。
     それでは、出発!

 (中略)

 1日目終了、ロビー前にて

 ○○「あー、面白かった!

 氷上「ああ、充実した1日だった。
     でも、君が望んでいた充実とは少し違う。そうだろう?

 ○○「うん……でも、氷上くんのおかげでいい思い出が出来たよ。

 氷上「それは、僕のほうだ……誰かと回れるとは思っていなかったからね。
     ありがとう。
     それじゃあ、僕は旅館内の見回りに行ってくるよ。失敬!





デートに誘う

 自室にて

 氷上「はい、氷上です。

 ○○「あ、氷上くん?
     わたし、○○だけど。

 氷上「君か。
     どうした、何か用でも?

 ○○「えっと……。
     ●月●日に、△△に行かない?

 氷上「デートの練習かい?
     もちろん、僕でよければ手伝うよ。

 ○○「じゃあ、●月●日に□□で待ってるね!

 氷上「ああ。
     それじゃ、当日に。

 ○○(よかった!
     早く●月●日が来ないかなあ……)



デートの評価


 >評価◎
  氷上「模範的なデートだな。
   彼が少しうらやましいよ。


 >評価○
 氷上「本番もこの調子で頑張りたまえ。

 >評価△
 氷上「本番に向けて修正すべき点があったな。君もわかっていると思う。



デート後の会話

 自宅前

 ○○「ありがとう。
     それじゃ……。

 氷上「……戻せないかな。

 ○○「ん?なに?

 氷上「時間を、戻せないかな……。
     あの日の浜辺に。

 ○○「えっ?

 氷上「あ、いや、すまない。
     何でもないんだ。
     そ、それじゃ、失礼する!

 ○○(……氷上くん?)





デート後(放課後)の相談

「男の人って」(親友)

 ○○「男の人って、どんな事を考えてるんだろう?

 氷上「わかった。
     恋愛相談だね?

 ○○「え?
     う、うん、まあ、そうかも。

 氷上「よし……うん。
     人生をかけて実現する目標……やはり、将来の夢じゃないかな

 ○○「そ、そう?

 氷上「きっとそうだ。
     僕はそうだ。

 ○○「ふぅん……

 氷上「恋愛相談だったね……失敬。

 ○○(氷上くん……)

「男の人って」


 ○○「男の人って、どんな事考えてるんだろう?

 氷上「それは人それぞれだし、時と場合によるよ。
     もう少し絞れないか?

 ○○「じゃあ、今の氷上くんは?

 氷上「僕かい?
     僕は……
     今が、この時間がずっと続けばいいと、考えている。

 ○○「今が……あ、高校時代ってこと?

 氷上「え?
     ……そうか、そうだね。
     僕イコール学校だからね……


「異性の好みについて聞く」(親友)


 ○○「男の子ってどんな女の子が好きなのかな……。

 氷上「待ってくれ……つまり、彼の好みを知りたい、そういう相談だね?

 ○○「え?
     あの……

 氷上「よし、僕が彼の好きな女子のタイプを聞いておく。

 ○○「ええっ!?
     いいよ!

 氷上「大丈夫、君の名前は出さない。
     そうだな、友達の話としておく。

 ○○「ホントに、いいから!

 氷上「そうかい?
     遠慮することは無いのに。


「異性の好みについて」

 ○○「男の人ってどんな女の子が好きなのかな?

 氷上「それは……誰かを好きになって、わかるんだと思う。

 ○○「なるほど……氷上くんは、そうだったの?

 氷上「うん……そうだよ。
     そしてきっと、一生忘れないと思う。
     将来、好みが変わってもね。

 ○○「氷上くん?

 氷上「お願いだから、それ以上聞かないでくれ。

 ○○(氷上くん……)

「ドキドキする時って」(親友)

 ○○「氷上くんは、どんな時にドキドキする?

 氷上「ドキドキ、つまり慌てるということだろう?

 ○○「うん、まあそんな感じ。

 氷上「慌てるのは余裕が無いからだ。
     常に余裕をもって行動すれば、対処のゆとりが生まれ、ドキドキすることも無いよ。

 ○○「好きな人の前でも?

 氷上「も、もちろんさ!
     ドキドキなんてするもんか!
     ハ、ハハ!

 ○○(氷上くん、慌ててる?)

「ドキドキする時って」

 ○○「男の人って、どんな時にドキドキするのかな?

 氷上「そ、そうだね……例えば、好きな女子と一緒にいると、ドキドキするんじゃないかな。

 ○○「うぅん……じゃあ、ドキドキされないと、好かれてないってこと?

 氷上「わからないよ……僕はあまりいい例じゃないかもしれない。
     僕は、臆病だ。
     最近わかったんだ。
     きっと、彼とは違う。

 ○○(氷上くん……)

「女の子らしさについて聞く」(親友)

 ○○「どうすればもっと女の子らしく見えるかな?

 氷上「おっと、恋愛相談だね?
     女の子らしく、そうだな……
     髪に大きなリボンを結ぶようにしてみたらどうだろう?

 ○○「大きな……リボンを?

 氷上「そうすれば、リボンが目に入るたびに、意識するようになるだろう?
     なるべく目立つ色がいい。

 ○○「う、う〜ん?

 氷上「……ダ、ダメかい?
     僕はファッションの方は、どうも……

「女の子らしさについて聞く」


 ○○「もっと、女の子らしくしなきゃだめかな?

 氷上「彼に、そう言われたのかい?

 ○○「うーん。
     そういうわけじゃないけど。

 氷上「君は……十分に魅力的だ。

 ○○「本当?

 氷上「もちろんだ!
     外見だけじゃない。
     君は、何ていうか、そう、特別なんだ!

 ○○「う、うん、ありがとう。

 氷上「それがわからないような奴なら、僕は……僕の出る幕は、ないね。

 ○○(氷上くん……)

「片思いについて聞く」(親友)

 ○○「片思いって、報われないのかな……。

 氷上「そんな弱音は、君の口から聞きたくないな。

 ○○「でも……

 氷上「相手のあることだからね。
     思い通りにはならないだろう。
     でも、だからこそ価値がある。
     そうだろう?

 ○○「うん……

 氷上「簡単な両思いの偶然より、片思いの実績を僕は信じる。
     愛情の確かさという意味において。

 ○○「そっか……うん。
     ありがとう!


「片思いについて聞く」

 ○○「片思いって報われないのかな……。

 氷上「……天体観測に似ている。

 ○○「天体観測?

 氷上「目の前に見えるのに、何億光年も遠いんだ。
     決して、手は届かない。
     最近、星を見ていると、そんなことを思うよ。

 ○○(氷上くん どうしたんだろう?)


「恋してる?」(親友)

 ○○「氷上くんは、恋してる?

 氷上「残念ながらその経験は無い。
     でも待ってくれ、ちゃんとデータはそろえた。

 ○○「データ?

 氷上「ああ、君の相談に乗ると言った以上、責任があるからね!
     片思いからハッピーエンドを迎える確率は7割以上。
     初めは敵同士のような仲でも5割以上の確率で恋仲になる。
     ただ、この場合どちらかが死んでしまうことも多い。

 ○○「死んじゃうの!?

 氷上「ああ、そうなんだ。
     世界の名作文学100冊をソースに分析したんだけど……200冊にしてみようか?

 ○○「…………


「恋してる?」

 ○○「今、恋してる?

 氷上「!!
     ……どうしてだい?

 ○○「氷上くんも、好きな人がいるのかなって。

 氷上「答えたくない。

 ○○「そっか、ゴメン……

 氷上「今の僕には関係ない。
     僕は生徒会と勉強だけの、つまらない奴だ。

 ○○「そんな!
     氷上くんは、素敵だと思うよ?

 氷上「じゃあ、どうして……いや、いいんだ。
     この話はもうやめたい。

 ○○(氷上くん……)


「キスについて聞く」(親友)

 ○○「氷上くんはキスってどう思う?

 氷上「キ!
     ……キスというと、つまり一年の五月の、アレかい?

 ○○「あれって?
     ……あ!

 氷上「あ、あれは事故だ!
     君のこれからの恋愛に対して なんら影響を与えない。

 ○○「う、うん。
     わかった。

 氷上「大丈夫!
     僕らさえ忘れてしまえば、無かったことに出来るさ。
     よし、僕はもう忘れた!
     君はどう?
     ハハ、ハハハハ。

 ○○(氷上くん すごく動揺してる……)


「キスについて聞く」


 ○○「氷上くんはキスってどう思う?

 氷上「以前の……あのことかい?

 ○○「あのことって?
     ……あ!

 氷上「忘れていたみたいだね。
     それでいいんだ。
     覚えている方がおかしいよ。

 ○○「わたしは、あの……

 氷上「僕も、もう忘れる。
     僕らが忘れてしまえば、無かったことになる。
     なにも、起こらなかったんだよ……

 ○○「氷上くん……


「スキンシップについて聞く」(親友)

 ○○「もっとスキンシップしたほうがいいのかな?

 氷上「そうだな、したいだけすればいいと思うよ。

 ○○「で、でもね?
     あんまり度が過ぎると……

 氷上「いいじゃないか。
     無理やりされるのも、僕は嫌いじゃない。
     愛情を感じるよ。

 ○○「そ、そうなんだ……

 氷上「もっとも、父や母が聞いたら、調子に乗るから、絶対に言わないけどね。

 ○○(家族の話だったんだ……)


「スキンシップについて聞く」

 ○○「もっと、うまくスキンシップできるようになりたいな。

 氷上「え?
     そ、そう……上手く、いくといいね。

 ○○「氷上くん?

 氷上「すまない。
     ほら、僕は堅物だろ?
     あまり、免疫が無いんだな。
     そういう話題に。

 ○○「そう……ゴメンね。

 氷上「いいんだ。
     でも、想像させないで欲しい。
     君と彼と……いや。

 ○○(氷上くん……)


「男女の友情って」(親友)

 ○○「男女の友情ってどう思う?

 氷上「誰と誰の話だい?

 ○○「もちろん氷上くんと私だよ。

 氷上「そうか。僕も一応君の役に立っているんだな。
     なんだか嬉しいよ。

 ○○「どうして?

 氷上「僕のことを変なヤツという人は多かったからね。
     こうやって相談してくれる友達がいる。
     それが嬉しいんだ。

 ○○(氷上くん……)


「男女の友情って」

 ○○「男女の友情ってどう思う?

 氷上「友情は、素晴らしいものだ。
     何事にも変えがたい、性別なんて関係ない。

 ○○「うん、そうだよね。

 氷上「そう、思っていた。
     でも……
     今、僕は知っている。
     友情は、残酷だ。

 ○○「……友情が、残酷?

 氷上「友情は、僕にウソをつかせる。
     だから残酷だ。

 ○○(氷上くん……)